意外と簡単?駐車場運営を行って土地を有効活用すれば収益も得られて一石二鳥!

このサイトは、駐車場運営に関するお役立ち情報や注意点をよりわかりやすく紹介しているサイトです。
駐車場の経営には、駐車場の形態の選択や業者の選定から料金設定や初期費用、トラブルを避けるためのセキュリティシステムなど事前に知っておかなければならない、さまざまな知識や情報が存在します。
当サイトの情報を参考にして、高利益をあげられる駐車場の経営を目指しましょう。

意外と簡単?駐車場運営を行って土地を有効活用すれば収益も得られて一石二鳥!

駐車場運営の形式には二つの形式があります。
それは、月極駐車場とコインパーキングです。
月極の駐車場は契約が固定しやすく利益が確定できます。
コインパーキングは人通りや車通りが多いところならば高い収益が見込めます。
月極駐車場運営は初期費用が少なくてすみ、コインパーキングは機械の設置など初期費用がかかります。
立地条件などでどちらの形式にするか詳細に検討しなければなりません。
両方の形式とも、専門業者と組んで経営するのが基本で、その業者の手数料なども検討し、利益が上がるように事前に検討しましょう。

押さえておけば間違いなし!駐車場運営を開始するための基礎知識

資産活用や節税対策としても人気のある駐車場運営は、基礎知識を押さえておくことで誰でも手軽に開始することができます。
急便したまま使用していない土地を所持している場合には、駐車場運営に転用することで収入を得ることも可能です。
駐車場運営は管理委託と一括借り上げ、個人の3種類に分かれています。
管理委託は駐車場の設置などをオーナーが行った後に、経営を引き受けている企業に依頼することになります。
一括借上はサブリースとも呼ばれる方法で、駐車場として利用予定の土地をそのまま企業に貸し出し、設置から経営までをすべて任せるのが特徴です。
一方で個人経営の場合は設置からすべてオーナー自身が行い、企業の手は借りません。
駐車場運営の方式には月極とコインパーキングがありますが、どちらもそれぞれ特徴がありメリットなどが異なります。
自分の土地はどちらの運営方式が向いているのか、管理委託方式は個人運営といった運営方法ではどれが最適なのかを事前に考えることが大切になります。

駐車場運営をスタートするために必要なイニシャルコスト

駐車場運営を開始するためには、イニシャルコストについて事前に試算を行います。
駐車場に利用する予定の土地の種類や環境によっても異なりますが、これまで駐車場として運営してきた土地以外は、まず整備が必要になるでしょう。
包装のまま利用するか、アスファルトやコンクリートの塗装を行うかによってもコストが異なります。
また、月極駐車場では未舗装のまま使用する場合もラインや車室番号の表記などは必須です。
これらに加えて車止めや看板なども費用に加えておきます。
コインパーキングは土地の整備費用に加えて、料金精算機などの機器設備設置費も考慮します。
防犯カメラやフェンス、遠隔監視システムなども費用に含まれます。
イニシャルコストを抑えて駐車場運営を始めたい場合には、一括借上方式を利用する方法も有効です。
駐車場運営を行う土地をそのまま企業に貸し出すことで、オーナー側はコストをかけることなく駐車場運営を始めることができるようになっています。

自家用車か?大型車か?駐車場運営は近隣のニーズを調査してスペースを考える

駐車場運営では、事前にニーズを調査しておくことが失敗しないポイントになっています。
駐車場のニーズの有無を判断するだけでなく、自家用車か大型車両かを合わせて調査しておくことでより良い駐車場サービスを提供できますが、そのポイントとなるのが自家用車と大型車によって違ってくる駐車スペースの設置です。
特に軽自動車やセダンやコンパクトカーなどの普通自動車、ミニバンやSUV、ツーリングワゴンなどの大型普通自動車では、駐車スペースには最低限必要な寸法が違っているため、マーケティングしておくことで利用しやすい環境を整えられます。
それぞれに求められる最低限の駐車スペースは軽自動車だと長さ3.6m幅2.28m、普通自動車だと長さ5.0m幅2.3m、大型の普通自動車だと長さ5.5m幅2.5mほど必要になるので、駐車場運営をする場合はターゲットをはっきりさせておくと良いでしょう。
利用者にとって使いやすい駐車スペースを設備することで、より良い駐車場運営を目指せます。

駐車場運営は月極と時間貸しのどちらが良いのか?形式について考える

駐車場運営は比較的低コストで始めることができローリスクの投資・資産運用として人気があります。
駐車場の形式として月極駐車場と時間貸しのタイプがありますが、経営するならどちらが良いのでしょうか。
まず初期費用を考えると、月極駐車場はほとんど費用がかかりません。
一方、時間貸しタイプは料金を計測するための機械式の車止めや料金支払い機等の設備投資に費用がかさみます。
運用開始後においては、月極は契約された決まった台数分の収益があがるのに対し、時間貸しは時間帯によっても料金設定の変更が可能なので、市場調査を厳密にし、適正なエリアでオープンすれば、混雑時にはかなりの収益が期待できます。
また、月極は不法駐車が特に夜間に発生しやすいのに比べ時間貸しは車が停められないのでその分トラブルの心配はありません。
以上の面から検討すると、駐車場運営に関して、初期費用はかかりますが長期的な収益や諸々のトラブル予防といった観点から時間貸しタイプの駐車場の方が柔軟に経営ができそうです。

駐車場運営に関する情報サイト
駐車場運営で一石二鳥!

このサイトは、駐車場運営に関するお役立ち情報や注意点をよりわかりやすく紹介しているサイトです。駐車場の経営には、駐車場の形態の選択や業者の選定から料金設定や初期費用、トラブルを避けるためのセキュリティシステムなど事前に知っておかなければならない、さまざまな知識や情報が存在します。当サイトの情報を参考にして、高利益をあげられる駐車場の経営を目指しましょう。

Search